ピグによる管内ライニング施工手順

  • 縁切り縁切り、付属品の取外し、改造、ランチャー・キャッチャー組立、水、空気、ユーティリティ接続
  • 水押し
  • ベアピグによる水押1〜2回
  • スパイクベアピグによるクリーニング水で20回以上
  • ピグによる脱脂酸洗を行うこともあります。
  • ベアピグによるクリーニングエア
  • ワイヤーピグによるクリーニングエアで20回以上
  • クリーニング完了必要に応じ気密テストを行う。
  • プライマーコーティング
  • 換気・硬化※送風、乾燥をおこなう。
  • 第1回本塗り
  • 換気・硬化※送風、乾燥をおこなう。
  • 第2回本塗り
  • 換気・硬化※送風、乾燥をおこなう。
  • ライニング完了
  • 縁切り部復旧